粉骨堂ブログ

プロフィール

  斉所

Author:  斉所
ホームページ粉骨堂

通信販売
DLsite.com直リンク
FC2カウンター
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | ------------ | 編集
128|Indiana Gmhenson Jr.|20081224021559

踊る赤ちゃん人間って、大槻ケンヂさんの曲ですね。

「NHKにようこそ」の主題歌って初めて知りましたが。

「セクシーボイスアンドロボ」ついに読みました。絵・話全部が上手過ぎて泣ける。完結してれば黒田さんの最高傑作になりますね。
あとロボ、存在感薄っ!
ニコちゃんのアップになったときの目の輝きに惚れました。かしこかわい過ぎる。
後、疑ってばかりで疲れるのか、何も考えず信じてOKな人であるロボの純粋さに、微妙に惹かれてる感を漂わせてるのも良いですね。
129|斉所|20081224234459

おぉ、ご無沙汰してます~

オーケンは結構素敵な曲ばっかですね。
「NHK~」アニメは観たこと無いんですけど、小説は一晩で一気に読んでしまいました。作品とも相当マッチしてる感じですw

「セクシーボイス」はストレートに面白い作品ですね。三日坊主……
ロボは作中の清涼剤ですねぇ。
ニコの完全無欠さと、中学生的な経験の浅さ、未熟さ(おばあさんに鍵をもらいに行った時、スパイはやりたかった仕事なのか問うシーン、とかに出てると感じます)の両面を描ききってるのが、もう、凄まじい作家力を感じます。
「あたらしい朝」も単行本で読むと、流れのナチュラルさがとても心地よいですよ。
こうしんしました

bloge081222.jpg
↑はホームページのトップ絵を見ていただければ意味が理解出来ましょう。
今年は(ブログ以外)内容をほとんど加えてないな…いけませんな。

・今月初め、大学の先輩方とカラオケ&呑みに行った。多分今年最初のカラオケだった。
カラオケ行くと知らない曲を知れたり、知ってる曲の新たな良さを発見出来たりして、良かった。
とか言いつつ、人前で歌うたうのは恐ろしゅうて滅多に行かないんですが。1,2度歌えば気にならんくなるんですけどね。
今年で3指に入る楽しい日だった。


・目がチカチカした後にいやな頭痛が起きる、というのが2回ほど続いたので、眼科に行く。
目玉の裏まで検査するために、5,6時間視野がぼやけちゃう特殊な目薬をさされる。
診察後、外に出ると、視界のぼやけがすごく顕在化して、日の光がものすごく眩しくなって、かなり焦る。日当たりで目を開けていられず、なるべく陰を歩く。
吸血鬼ってこんなんなのか、だとしたら大変だな(吸血鬼は)と思う。
目は単にドライアイっぽい。


・昨日がM-1て事を夕食時、放送が始まってから知った。
で、食卓で親と一緒に観たわけですが、出場者についていちいち評論をぶってくるのがめんどくさい。関西に住んでるからって、笑いについて一家言持ってる、持ってなければ、みたいなプライドは捨ててください……



・漫画とかについて色々、色々考えたりはしてる。けどその内容は大抵とりとめなかったり人の受け売りだったり、明文化出来る程度にまとまっていたとしても1週間経てば自分で赤面してしまうような未熟なものだったりする。
ていうかそれって考えてる事になるのか?
自分の中に確固たるものが無いからか?いわゆる「信念」みたいなんが必要なのか?
逆に要らんのか?
何になるべきなのか?赤ちゃん人間になるべきなのか?

踊る赤ちゃん人間になるべきなのか?

スポンサーサイト

関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(2) | 20081223000645 | 編集
128|Indiana Gmhenson Jr.|20081224021559

踊る赤ちゃん人間って、大槻ケンヂさんの曲ですね。

「NHKにようこそ」の主題歌って初めて知りましたが。

「セクシーボイスアンドロボ」ついに読みました。絵・話全部が上手過ぎて泣ける。完結してれば黒田さんの最高傑作になりますね。
あとロボ、存在感薄っ!
ニコちゃんのアップになったときの目の輝きに惚れました。かしこかわい過ぎる。
後、疑ってばかりで疲れるのか、何も考えず信じてOKな人であるロボの純粋さに、微妙に惹かれてる感を漂わせてるのも良いですね。
129|斉所|20081224234459

おぉ、ご無沙汰してます~

オーケンは結構素敵な曲ばっかですね。
「NHK~」アニメは観たこと無いんですけど、小説は一晩で一気に読んでしまいました。作品とも相当マッチしてる感じですw

「セクシーボイス」はストレートに面白い作品ですね。三日坊主……
ロボは作中の清涼剤ですねぇ。
ニコの完全無欠さと、中学生的な経験の浅さ、未熟さ(おばあさんに鍵をもらいに行った時、スパイはやりたかった仕事なのか問うシーン、とかに出てると感じます)の両面を描ききってるのが、もう、凄まじい作家力を感じます。
「あたらしい朝」も単行本で読むと、流れのナチュラルさがとても心地よいですよ。
前のページ | HOME | 次のページ
ツイッタ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
     © 2017 粉骨堂ブログ  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。