粉骨堂ブログ

プロフィール

  斉所

Author:  斉所
ホームページ粉骨堂

通信販売
DLsite.com直リンク
FC2カウンター
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | ------------ | 編集
71|がみ|20080713002759

ギャル・・・


世の中の「ギャル」と呼ばれる人々に謝れ!
72|ふるいおてら|20080714184651

むしろ、全国のギャル好きのみなさんに謝れ。
73|斉所|20080715234333

まさかこれほどの反響があろうとは。

すんまそん。
ほんますんまそん。
7月11日

bloge080711_0005.jpg

ぎゃる。


友人から古典的名作ロボット漫画のシリーズを貸してもらってる。何十年も前の作品だけあって、今見ると「ふるいな~」「雑やな~」と思う所もある。けどそういうのは表面的なことというか、中身の構造は結構骨太に作られてる。
ものっそい悪い強大な敵がデーンと構えてて、主人公がそれに真正面から立ち向かうというようなんではなくて、敵も味方もお互いイッパイイッパイで、騙したり騙されたり、墓穴を掘ったり、敵同士が同盟を結んだり(腹にイチモツ抱えつつ!)、けっこう複雑に展開する。
また、主人公の持つロボットが、一貫して意思を持たない「兵器」として扱われてるので(これで何の作品か分かる人もいるでしょう)、登場時は思いっきり敵で、操縦できるようになってからも、コントローラーの(敵との)奪い合いとか電波(電磁波?)とかで簡単に寝返ったりする。
敵の犯罪に走る動機なんかも一通りでなかったりして、深みがある。

昔の漫画家はほんまに教養を持ってたんやなと感ずる。

というか、仮にも、下手なりにも漫画描いてる人間が、
今更こんな事に驚いてるなんて言うのは遅すぎる。
自分のやってることの歴史ぐらいは知っとかんと…。

スポンサーサイト

関連記事 [漫画]
漫画 | コメント(3) | 20080712000931 | 編集
71|がみ|20080713002759

ギャル・・・


世の中の「ギャル」と呼ばれる人々に謝れ!
72|ふるいおてら|20080714184651

むしろ、全国のギャル好きのみなさんに謝れ。
73|斉所|20080715234333

まさかこれほどの反響があろうとは。

すんまそん。
ほんますんまそん。
前のページ | HOME | 次のページ
ツイッタ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
     © 2017 粉骨堂ブログ  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。