粉骨堂ブログ

プロフィール

  斉所

Author:  斉所
ホームページ粉骨堂

通信販売
DLsite.com直リンク
FC2カウンター
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | ------------ | 編集
東のエデン劇場版Ⅰ・マクロスF劇場版 感想

ネタバレとかアリです。正味9割「東のエデン」の感想です。
ぐだぐだぐだぐだ長いですが、結構見落としとか誤解があると思うので、「それ間違ってる」てとこあったら是非教えてください。

『東のエデンⅠ』
テレビ版の続き。ゲームをどう上がるかってより、そもそもゲームのルール、目的がどういうモンなのかが焦点になってる感じ。台詞とかでの説明がかなり多くて、あらかじめ危惧してたけど本編を1回観ただけでは色々わからん所もちょくちょくあったのでパンフ購入。

ストーリーの行く末は3月を待つとして、テレビ版の時から気になってた「ニート」って言葉について思うこと。

まず登場人物が「ニート」「ニート」言い過ぎに感じる。3~4年ほど前ならそんなに違和感なかったかも知れんけど、なんか今となっては現実社会はリーマンとか不景気とか(同じ?)でニートどころじゃねー、て感じに政治とかマスコミとかがなってしまってる。ニートの問題が減ったとか、解決済みとかではなく、議論の対象にされなくなってしまってるという感じがする。当初からネガティブな見方が強かったけど、既に社会悪としての意味が定着しちゃってるというか、その語を捉え直そうっていう雰囲気はほとんど失せてる様に思う。
けど、そういう中で、もいっぺん問題提起する事には意味はあると思うけど、作中でニートて自称してる「東のエデン」サークル(株式会社化)の面々は、みんな有能すぎる
社会的なインフラになっちゃうほどのソフトをプログラム出来る様な人間が無職(≒ニート?)であったとしても、そんなに困らんわけで。
「ニートとは、サークルをそのまま企業として立ち上げられるような有能な人間」みたいな見方で作ってしまうと、現実の問題をあからさまに歪曲してる事になっちゃうんじゃないかと思う。中にはそういう人もニートて括られる状態にある事もあるだろうけど、そんなのはやっぱ一握りで、大抵の人は言ってみれば平凡なんだろうと思う。
あと「既得権益VSニート」みたいな構図がちらちら語られたりするけど、既得権益っていうもんに寄生してるのがニートってモンなんじゃないの?と思う。ただこの2つが同じ口から語られたりもしてて、矛盾というか、理想化・全面肯定してるわけじゃないのもわかる。
会社化した「東のエデン」の新入社員がダメな若者ばっかだったり、テレビ序盤で唯一就職した大杉(ツリ目)が部長の平澤(メガネ男子)が「就職せずそのまま失敗して、社会の文句ばっか言う嫌なオッサンになっちまうんじゃないか」ていう内容の心配をしてたり。

アニメだから、っていうんでなく作品で社会一般の問題について扱うのは色々難しい所があるっぽい。どんな答えを出しても「机上の空論」とか「作者の理想」とか「問題設定自体間違ってる」ととられかねない。
この作品は別にニートのことだけ扱ってるわけじゃないし、国とか世界全体の閉塞感(つーても先進国だけの「世界」かもしんないけど)に対して何とかしよーぜ!て言いたいんだという気概は感じる。と思う。(広告とかにも書いてありますしね)
唐突に思われそうだけど『グレンラガン』と『東のエデン』は同じ方向を見据えてるんじゃないかと思う。「グレン」は思いっきり戯画化して、すごくストレートに楽しませながら(いわゆる)テーマを語る事が出来てたけど、「東のエデン」はややこしい課題を、ほぼ現代と同じ世界で解決策を探ろうとして二重にややこしくなってるんで無いか、という気もする。けど製作者はそれをあえて選んだはずなので、どういう風におとし所を探るのか、は楽しみです。
あと、友人から「東のエデンは何となく月9ドラマぽい魅せ方をしてる」という意見をさっきもらって、そーか、そーいう売り込み方だったのか(そういや劇場は年配の人と女性多かった…)と目から鱗だった。


『マクロスF』
テレビ版詳しく知らないので、キャラの設定変更はあんまり分からなかった。主人公(アルト)幾らなんでも美形過ぎないか?と思ってたら元女形だったんすね、という事で納得。
クライマックスの歌でちょっとじ~んとなる。
お色気シーンというのか、サービスカットは、ちょっと、下品かも…とおもった。

スポンサーサイト

関連記事 [感想]
感想 | コメント(0) | 20091204024453 | 編集
前のページ | HOME | 次のページ
ツイッタ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
     © 2017 粉骨堂ブログ  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。