粉骨堂ブログ

プロフィール

  斉所

Author:  斉所
ホームページ粉骨堂

通信販売
DLsite.com直リンク
FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | ------------ | 編集

bloge080527.jpg
5月25日(日)、大阪の「関西コミティア32」に参加してまいりました。
手伝ってもらう先輩お二人とJR梅田駅で集合し(言いだしっぺの自分が一番最後に着…)、地下鉄の東梅田駅に向かう。ちょっと前に、所用のついでに道順の下見をしてきた自信があって、「ここァ言いだしっぺとして、先輩方をテキパキとエスコートしよう!!」と息巻いたものの、
下見の時と同じ場所で迷い、下見の時と同じように駅員さんに助けてもらうという、頼り甲斐どころか おっちょこちょいっぷりを遺憾なく発揮してしまいました。

続きを読む
関連記事 [日記]
日記 | コメント(3) | 20080528002754 | 編集

bloge080524.jpg

もう明日ですが、「関西コミティア32」。

本格的に宣伝するなら、「関西コミティア」のサイト様とリンク張ってもらうとか、やっとくべきだったんですが、今回の準備とか、それ以外の諸々の事もやろうとして、手が回りませんでした。けどとりあえず。

サークル名『粉骨堂』 スペース「Dー42」

展示物は無料チラシ(漫画つき)
漫画『かわづ君』(中表紙~奥付 32ページ)1冊200円
でございます。
漫画の値段は人にも相談してみたんですが、下心、親心、仏心、里心などを込めてこの値段にさせて頂きました。

あと、ココ観てる方で来場くださる奇特な方に前もってお伝えしたいのは、
一般参加の場合、入場時にカタログ購入(600か700円くらい)が必須になります。お気をつけくださいっす。

関連記事 [漫画]
漫画 | コメント(2) | 20080524003531 | 編集

bloge080516.jpg

5月25日(にちよう)の関西コミティア32(同人誌即売会)について。
ひとまず申し込みは通りまして、原稿も出来まして、今は印刷が届くのを待ってる状態です。

↑みたいなプリントごっことホチキスを使ったもんではなく、オフセット印刷なる技術でもってバッチリ印刷されてくるはずです。

サークル名(お店の屋号みたいなもん?)は「粉骨堂」当ホームページ名のまんまです。
スペース(販売してる場所)は「D-42」です。

わりと真ん中らへんなので、すすぃと通り過ぎられやすそう…?
なんといっても443サークルも参加されるらしいっす。
それがどれほどの規模なのかピンときてませんが…

関連記事 [漫画]
漫画 | コメント(4) | 20080516015211 | 編集

bloge080513.jpg

ご無沙汰しちょります。いんたーねっと見るの自体久しぶりという、ホームページ持ってるやつとして
なかなかの失格っぷりでございます。

毎日どれだけ単調な生活をしていても、実は常にいろいろな事が起こってて、似通った事はあっても全く同じ事は二度と起きないわけで(同じ事に対して「またか」と感じるだけでも初回とは異なる経験になるはず)、色々ある度に色々な事を思ったり考えたりします。

どんな人もこれは同じはずなんやから、人と会ったりした時に話題が何も無いなんて事は有り得ないんでないの??…と思ったんですが、
それは、まったくの勘違いですね。

まず、色々な事があったって、大抵ちょっと時間が経てば忘れてますね。
「すれ違ったギャルの髪留めが、昔親戚のおばちゃんが付けてたのと一緒やった!」みたいな発見をしたとして、その後仕事したりご飯食べたりしてるうちに殆ど跡形も無いくらい彼方に行ってしまうでしょう(記憶が)。

第二に、例え「髪留め~」が忘れられないくらい印象深い事であったとして、それが他人にとっても同じとは限らないという事です。上の例でいけば、まず「親戚のおばちゃん」を相手も知っていないと、本人の体験した感動は全然伝わらないでしょう。話題にするには相手と共通の知識が要ります。無けりゃ説明すりゃいいんですが…

ここで第三として、相手に興味が持てるかどうかが問題になります。単に体験して、それについて思いを馳せるのはあくまで個人的な体験であって、その人自身の志向性に基づいた関心に過ぎないわけです。思うのは一人ですけど、話す時は相手が居ます。相手は相手の志向性に則ってものごとを見てます。
とりあえず親戚のおばちゃんについて解説すれば話題として感動を共有できる、というわけじゃないです。

おばちゃんについての客観的に面白いエピソードとかあれば話は別か、というとそうでもなく、相手がそれで関心を持ったとしても、それは「面白いおばちゃん」についての興味で、「おばちゃんと同じ髪留めのギャルを発見した」事はトークのきっかけに過ぎなくなっちゃいます。
て、それはそれでいいですね。それはそれでいいんです。


長々と書いて、途中から道を見失いましたが、要するに言いたかった事は、

ものごとって100%は伝わりませんよねぇ

という事です。そもそも100%伝える必要はないと言えるかもです。大事な気持ちはひとりでとっとくというのも人生の豊かさなんかもしれません。

関連記事 [日記]
日記 | コメント(2) | 20080514005257 | 編集
| HOME |
ツイッタ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
    © 2008 粉骨堂ブログ  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。